Contents

開発環境の確認

環境は前回と同じく以下の通りです。
・MacBook
・MacOS 10.6
・Macports Version: 2.0.3
・Ruby 1.9.3
・RubyGems 1.8.13
・Ruby on Rails 3.1.3
・MySQL 5.1.60

続いてアプリケーションの情報です。

ディレクトリ:~/Sites/projects
アプリケーション名:r-project
データベース:MySQL

以降はすべて、作業ディレクトリに移動して行います。

$ cd ~/Sites/projects/r-project

アプリケーションの作成

今回はタスクの内容と状態を保存するだけの簡単な『Todo』アプリケーションを作成します。

Rails には Scaffold という機能があり、コマンドを実行することで基本的なコード(Model/View/Controller)を自動で生成してくれます。

$ rails generate scaffold テーブル名 カラム名:カラムタイプ… …(必要な数だけ)

今回はテーブル名を『task』とし、カラムは以下の通りとします。
タスクの内容:content
タスクの状態:status

$ rails generate scaffold task content:text status:string
      invoke  active_record
      create    db/migrate/20120115003318_create_tasks.rb
      create    app/models/task.rb
      invoke    test_unit
      create      test/unit/task_test.rb
      create      test/fixtures/tasks.yml
       route  resources :tasks
      invoke  scaffold_controller
      create    app/controllers/tasks_controller.rb
      invoke    erb
      create      app/views/tasks
      create      app/views/tasks/index.html.erb
      create      app/views/tasks/edit.html.erb
      create      app/views/tasks/show.html.erb
      create      app/views/tasks/new.html.erb
      create      app/views/tasks/_form.html.erb
      invoke    test_unit
      create      test/functional/tasks_controller_test.rb
      invoke    helper
      create      app/helpers/tasks_helper.rb
      invoke      test_unit
      create        test/unit/helpers/tasks_helper_test.rb
      invoke  assets
      invoke    coffee
      create      app/assets/javascripts/tasks.js.coffee
      invoke    scss
      create      app/assets/stylesheets/tasks.css.scss
      invoke  scss
      create    app/assets/stylesheets/scaffolds.css.scss

Model,View,Controller のほか、マイグレーションファイルなどが生成されます。
この後、マイグレーション機能を実行することでデータベースに Model に合わせたテーブルが作成されます。

$ rake1.9 db:migrate

以下のようなテーブルが作成されます。

確認してみましょう。

$ rails server

http://localhost:3000/tasks

このように表示されれば Scaffold でのアプリケーションの作成は完了しています。

MOGOK 用の修正

MODOK で公開するにあたって、いくつか修正が必要です。

1, 静的ファイルの処理を有効化
MOGOK上の production 環境で、スタイルシートなどが読み込まれるようにします。
「config/environments/production.rb」12行目あたりにある以下項目を修正します。

config.serve_static_assets = true

デフォルト値はfalseです。この設定値をtrueに変更してください。

2,ログ出力を有効化
MOGOKサービス上でアプリケーションのログ出力を有効化します。
「config/environments/production.rb」37行目あたりにある以下項目を修正および追加します。

config.logger = Logger.new(STDOUT)
$stdout.sync = true

Git 導入

Git の導入は通常通り行います。

$ git init

すべてのファイルをインデックスに追加して commit します。

$ git add .
$ git commit -m 'first commit'

確認してみましょう。

$ git status
# On branch master
nothing to commit (working directory clean)

すべて master ブランチにコミットされました。

以上でローカルでの開発が終わりました。
次回はいよいよ MOGOK で公開します。

Comments are closed.