Contents

今をときめくWeb男子の皆様こんにちは。
仕事熱心な皆様におかれましては、はやりすたりの激しいインターネット業界に乗り遅れることなく、日夜ご活躍の事と思います。

本日はそんな皆様にふさわしいサービス『PHPFog』のご紹介です。

数ある PHP PaaS の中でも注目のこの『PHPFog』
これを抑えておけばあなたのWeb男子力もぐ〜んとアップ!
モテすぎたらどうしましょ。

すべては自己責任でお願いします。

PHPFog とは

PHPFog』とは、PHP に特化したクラウドサービスです。
速い!安心!簡単! とトップページに掲載されている通り、登録から使用までがあっという間に終わります。

以下簡単に特徴を。
・PHP に特化している
・設定が簡単
・人気のアプリケーションが使える
・人気のフレームワークが使える
・Git で操作する
・スケーラブル

気になるプラットフォームは?
https://www.phpfog.com/platform
・Varnish
・Nginx
・Apache
・MySQL

なにはなくともまずは登録

以前見たときとは少し違う。
beta じゃなくなったからかな?

このトップページを少しスクロールすると登録フォームがあります。

ここにメールアドレスとパスワードを入力するとあっさり登録完了。
こんなメールが届くだけ。

『このリンクをクリックして登録完了!』みたいなメールもない。
いいの?

で管理画面。

なんかかっこいい。
っていうか、すでにログインしてる。

アプリケーションの作成

アカウントは作成完了してるので、つぎはアプリケーションを作成します。
これも画面通りに進むだけです。

Step1: アプリケーションの選択

ここで CMS もしくは framewok を選択できます。
おなじみのアイコンが並んでますね。
右側は人気のアプリケーション。

はじめてなのでここはシンプルに Custom App にしてみよう。

Step 2: プランを選択

6/5現在、4つのプランがあります。
お試しなので free を選択します。
※free プランは6ヶ月だけ利用できます

Step 3: アプリケーションの詳細

作成するアプリケーションの各種設定を行います。
名前とかアドレスとか。

Choose Custom App Username:
アプリケーションのユーザー名です。
アプリケーションの選択で WordPress を選んでる場合は、WordPress のアカウントにもなります。
Choose Custom App Password:
アプリケーションのパスワードです。
アプリケーションの選択で WordPress を選んでる場合は、WordPress のパスワードにもなります。
Domain:
アプリケーションの URL です。
phpfogapp.com のサブドメインが使えます。
希望のサブドメインを入力して『or, use a phpfogapp.com domain name »』をクリックするとサブドメインの後ろに phpfogapp.com が付きます。
独自ドメインも使えちゃいます。
後にドメイン側で DNS の CNAME を設定する必要がありますが。
あと、ワイルドカードドメインを使う場合は $5.00 per month
これらはあとから変更可能です。

Step 4: 支払い方法

free なので飛ばしちゃって下さい。

そしていよいよ作成。
↓このボタンをクリック!

できた。

この状態でブラウザからアクセスするともうすでに hello world! が表示されます。
早いね!

SSH key の登録

PHPFog は Git で管理するため、SSH key を登録します。
特に難しいことはないです。
あ、先に SSH key は作成しておいてね。

では登録。
My Account > SSH Keys に進みます。

登録フォームが表示されるので必要な情報を入力します。

NickName:
管理画面上に表示される名前。
自分がわかりやすいものをつければいいです。
Key:
public key を入力。
Mac の場合、~/.ssh/id_rsa.pub の内容を貼り付ければOK。

『Save SSH Key』を押して保存!

こんな感じでできました。
(NickName を MacBook にしました^^;)

登録が完了すると、
My Account > アプリケーション >
Source Code に git のアドレスが表示されます。

早速 clone

作成したアプリケーションをローカルに落としてみましょ。

$ mkdir PHPFog
$ cd PHPFog
$ git clone git@gitxx.phpfog.com:xxxx.phpfogapp.com
Cloning into xxxx.phpfogapp.com...
The authenticity of host 'gitxx.phpfog.com (xx.xx.xxx.xx)' can't be established.
RSA key fingerprint is
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '
gitxx.phpfog.com,xx.xx.xxx.xx' (RSA) to the list of known hosts.
remote: Counting objects: 3, done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (3/3), done.

すると PHPFog ディレクトリの中にドメイン名のディレクトリができてます。
↓中身はこんな感じ

これで設定終わり!
あとはアプリケーション作って、git で push するだけ。
なんて簡単!

おわりに

本日は以上です。
いかがでしたでしょうか?
こういったサービスを使いこなして、あっさりさっくり個人でWebサービスを立ち上げるのもおもしろいと思います。

皆様ぜひ挑戦してみて下さい。

追記:
ところでWeb女子の時代はいつ来ますか?

Comments are closed.